生を受けてから大人になり寿命まで地域の人との出会い | 大人の出会い.info

alt_02

生を受けてから大人になり寿命まで地域の人との出会い

80年を超える人生で何度か訪れる岐路で進路を決める際、多くの選択肢の中から選ぶため、この世に生を受けて日々、生活している地域で大人に成長していきながら色々なジャンルの体験をし、様々な人との出会いを増やすことが大切です。

地域で毎日、様々な体験をしながら成長していく人生

この世に生を受けてから大人に成長して寿命の尽きるまでの長い年月の間、我々は地域で毎日、様々な体験をして一歩ずつ成長しながら歳をとっていきます。平凡に見える日常生活を送っていても自分一人で生きていることは全くありません。家族だけでなく、地域や隣近所の人達、学校や職場の人達など、色々な人と行き交い、様々なジャンルの体験を日々繰り返しています。その多くが日常会話程度で終わってしまう関係ですが、学生が学校で、大人が職場で、あるいは、主婦が趣味や芸事の活動や各種催し物等で心に残る話を聞いたり、新鮮な経験をすることがあります。こうした生活環境を得る努力は主に自助努力になります。

進路選択に重要な地域社会の体験と様々な人との出会い

この場合、その場ですぐに素晴らしい出会いだと気付くことは殆どなく、数か月や数年過ぎてから、何らかのきっかけがあって受けた言葉や話の内容が心に蘇ってきた時にその体験を思い出して感慨深さを味わうようです。自分の将来を左右するような出会いは何度もあるわけでなく、また、自分の感受性次第では脳裏から通り過ぎて霧散してしまうことばかりかもしれません。しかも、感受性が磨ける時期は年齢の若い内のほうが多いようですから、小さい内から自分の生活する地域で色々なジャンルの体験をし、様々な人との交流をすることが大切なわけです。こうして、多くの様々な経験をすることで人生を歩む上で選択肢が増えてきます。

若い内に自分の持ち味や能力に照らして進路選択

殆どの人は天才でない限り学生時代にどのように過ごしていくか、また、卒業して実社会へ飛び出す頃とその後の20歳代の生き方で大人としての進路が殆ど方向づけられています。進路を決める必要があるとその都度自分の持ち味や能力と照らし合わせて決めているはずですが、それまでの出会いが役立っている人とそうでない人で違いが生じているはずです。もちろん、人生は一筋縄でいくわけでなく、大人になっても七転び八起きで仕事を進めるケースが多いので、遠回りしながら一歩ずつ大人になっていく生き方もあります。実際に晩年になって人生に成功した人はそれまでの出会いで様々な苦労の連続を繰り返してきたはずです。一般的にはそれだけのタフな精神力を持ち続けないと高齢になってからの成功は及びもつかないでしょう。

まとめ

晩年になって人生を成功に導いた人もいますが、殆どの人は天才でない限り子供時代から学生になってどのように過ごしていくか、また、卒業して実社会へ飛び出す頃とその後の20歳代までの地域社会における生き方で大人としての進路の大枠が方向づけられています。

TOP